電力自由化に伴い東京で選べる電力会社

2016年の4月に電力自由化がスタートしていることは多くの方が認識していると思われます。頻繁にニュースや情報番組で取り上げられていたので、気になっている方が多いはずです。これまでは地域ごとに決められていた電力会社としか契約できなかったのですが、自由化になったことで自分が良いと思った会社の電気を利用できるようになっています。従来安く電気が利用できるので自由化は間違いなくメリットです。新しい会社が電力事業に参入するので停電などのリスクを心配している方がいるようですが全く心配ないです。今までと同じ送電網を入り混じって流れるため、電力会社によって品質に差が出るわけではないので安心してください。それでは東京でどのような電力会社が選べるのかについて見ていきます。

セット割引プランがある電力会社

電力自由化がスタートして、セット割引のプランがあるところが増えています。東京ではauでんきやソフトバンクでんきがメジャーな存在となっています。また、インターネットプロバイダーから買うと割引されるところでは、エネルギー・フロンティアや東急でんき、@niftyでんき、J:COMでんきなどとなっています。ポイントが貯まる電力会社では、東京電力エナジーパートナーやソフトバンクでんき、中部電力、MCリテールエナジー株式会社などになります。お得な電力会社があるので、自分の使っている携帯会社やプロバイダー、ポイントカードなどを考慮して選んでみてください。せっかく電気代が安くなる制度があるのに、利用しないのは本当に勿体無いです。比較サイトもあるので探してみてください。

再生可能エネルギーの比率が高いところはどこなのか

電力自由化は電気代を安くするだけでなく、発電方法で選ぶこともできます。原発に不安を感じている方や環境に配慮した発電方法で作られた電気を使いたい方は再生可能エネルギーでの発電比率が高い電力会社をおすすめします。東京で再生可能エネルギーの比率が高いところは、ミツウロコでんきやソフトバンクでんき、Looopでんき、じぶん電力などが挙げられます。原子力発電は安全性に不安があり、火力発電は環境に悪影響を与えてしまうので、再生可能エネルギーで発電した電気を使おうとするのは良い選択だと言うことができます。かなりの数の料金プランがあるので、まだ切り替えていない方は検討してみるべきです。多くの人が再生可能エネルギーの比率が高い電力会社を選べば、日本のエネルギー政策が変わるかもしれません。