東京に住む方が電力自由化で乗り換えられる電力会社

電力自由化によって、東京に住む人々も契約する会社を自由に選べるようになりました。以前は大手電力会社一社しか原則として選択出来ませんでした。東京都内では、いわゆる東京電力しか契約先として選択出来ず、市民側に契約の自由はありませんでした。そのため、大手電力会社がいささかその地位に慢心していた事も事実です。象徴的な福島第一原発のトラブルを受けまして、ようやく誠実なビジネスを始めた、とも言われています。もちろん大手電力会社のスタッフは皆、真面目に働いています。しかし、言わばシステムとして一企業が市場を独占していたため、電気料金の値下げが起きず、また原子力発電所に依存した企業経営が行われていた背景があります。電力自由化を受けまして、今では数多くの民間企業が電気インフラの分野に新規参入しています。

家庭によって最高の電力会社は違ってきます

電力自由化によって、流通大手の企業やケーブルテレビ局を経営する企業、ホームセンターやネット回線を主なビジネスにする民間企業が市場へと参入して来ました。また大手スーパーマーケットやコンビニチェーン、携帯電話のキャリアサービスなども新規参入を行っており、すでに契約を結んでいる家庭も出てきました。電力自由化によって多数の契約先が選べるようになったため、契約の乗り換えを考える家庭も多いです。しかし、数が多すぎて一体どこか適切か困惑している奥様方もいる事でしょう。有り体に言えば、絶対の正解はありません。家庭によって最適な契約先は異なります。そのため、電力の契約先を検討する際は、自分の家庭でよく利用する物やサービスを提供する民間企業を念頭に置きたいところです。

ポイント還元でお得な気持ちが味わえます

多くの民間企業が提供する新しい電力プランには、使用額に応じたポイント還元が用意されています。そのため、例えば普段からよくスーパーやコンビニをよく利用する家庭なら、その企業が提供するプランに乗り換えるべきです。そのプランに加入すれば、ただ毎月、電力を使うだけで使用した分に比例した一定額のポイントが付加されます。付加されたポイントは現金の代わりとして使えます。ある種のキャッシュバックが毎月ただ電気を乗り換えるだけでもらえるわけです。そのため、今まで通り、大手電力会社と契約をするよりも、他社に乗り換えた方が基本的に東京の人々にとってプラスとなります。手続きは少々面倒ではありますが、ネットで情報を集める事が出来ますし、窓口に連絡をすれば親切丁寧に乗り換え方を教えてもらえます。