電力自由化で東京に住む方が受けるメリット

電力自由化の法律が先の大震災の後、政治主導で決められました。そして既にその法律は施行され、既に多くの民間企業が新しく電力供給の分野へと参入しました。数え切れない程の民間企業が新規参入し、市場では激しい顧客獲得の競争が起きています。また未開拓な分野であり、それぞれの企業が市場でのアドバンテージを得ようと、色々な特典を付けて新しい顧客の獲得に乗り出しています。かつては東京電力からしか電気を買うしか無かった一般消費者ですが、今では携帯電話のキャリアよろしく、ユーザー側が自由に契約する電力会社を選べるようになりました。殿様商売とも言われた大手電力会社ですが、自由化によってそのビジネスモデルの見直しに迫られています。そのため東京都内在住に人々に、電力自由化の恩恵は大きく現れています。

自由化によって、一般家庭の電気代は安くなります

契約する電力会社が爆発的に増加しているため、ユーザー側は家電製品のように複数のサービスを比べて、最もリーズナブルな企業を選び出す、といった事が出来るようになりました。また電力会社によってはお得な新電力プランを用意しています。日中ほとんど家族が自宅に居ない家庭であれば、日中の電気代がアップする反面、夜間の電気代が大幅に安くなる新プランを用意する電力会社に乗り換えてみましょう。自宅のライフスタイルとプランの良いところが上手く合致するのであれば、今現在の大手電力会社から乗り換える価値は十分です。また、大手携帯電話会社も続々と電力自由化を受けまして新規参入しています。電気代と携帯電話代をまとめて支払えば、その分、お得なポイント還元や現金値引きが受けられる新プランもありますので、スマートフォンを家族全員で利用する家庭には恩恵が大きいです。

ポイントゲットやクリーンエネルギー応援が出来る恩恵も

ケーブルテレビや大手コンビニチェーンやホームセンターや流通大手の企業も新規参入しています。それらの新電力プランの素晴らしい点は、乗り換えて、普通に電気代を支払う事で利用額に応じたポイントや特典が受けられるところにあります。普段からよくケーブルテレビを視聴している方、コンビニやホームセンターで日用品を買っている方は、既存の電力会社から乗り換えた方が家計の節約になります。また既存の大手電力会社は、いわゆる環境負荷が激しい火力、そしてマスコミが挙って批判する原子力発電で電力を発電しています。一方で新規参入した民間企業の多くが、風力やソーラーパネル発電などのクリーンエネルギーで電力を発電しています。クリーンエネルギーで発電する新規参入の民間企業に乗り換えれば、一市民として環境保護に協力出来ますし、東京都民の多くが参加している反原発運動に間接的に参加する事が出来ます。

当局・九州エリアは供給エリア拡大中です。 当社はどれだけコストカットできるか一緒に考えます。 ハルエネは法人プランと個人プランとご用意しています。 電話でのサポートは10時~18時となっております。 支払方法は銀行口座振替またはクレジットカードでのお支払になります。 ハルエネへの電力会社変更の手続きはとても簡単です! 人件費などの固定費を抑えることでコストを削減しています。 東京エリアの方の電力自由化でコストカットはこちら